IREMひみつ情報局
11月27日 道は違えど志は同じ!10周年記念旅行!!<IREM東京情報局 下道ライダーMARK:S>
ついこの間までの茹だるような暑さは遠い過去、気付けば草木は蒼から紅に色を変え、
北陸地方では鰤越こしの気配から冬の到来を感じ始める今日この頃、
皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

お疲れ様です。
貴重な時間を割いてまで、ここを覗きに来てくださる日本海側に住んでいたり、
オホーツク海側に住んでいたり、太平洋側に住んでいたり、東シナ海側に住んでいたり、
瀬戸内海側に住んでいたりする貴方に贈るIREMひみつ情報局のお時間です。
内陸に住んでいたり、他の諸外国に住んでいたりしても何の問題も御座いません。

今回のテーマは、入社10周年記念旅行!10th anniversaryです!!
とは言っても皆様には?マーク、何言ってんだコイツ状態だと思われますので、軽く説明致しますと、
この駄文を書き連ねている私がアイレムに新卒として入社してから10年、アイレムはEIZO株式会社の
グループ会社であるため、延いてはEIZOグループの一員となって10年が経ったこととなるのです!!!

そこで行われたのが記念旅行!!!!
各拠点に散らばったEIZOグループ2009年度新卒の同期で集まって、旧交を温めようぜってお話です!!!!!

10年・・・、入社した当時を昨日のように思い起こせそうですが、実際は気の遠くなるような年月です。
おぎゃあと生まれた赤子が自己肯定感を持ち始め壁にぶち当たる年月、
そんな子供が社会的に大人として認められるのに要する年月、
そんな新成人が肉体的な衰えを肌で感じ始めるようになる年月、
希望に満ち溢れた新社会人が太々しさだけは重役レベルになる年月・・・。

とまあ、悪筆乱文はここまでにして旅行の模様をお見せしましょう。
場所は石川県七尾市の和倉温泉、七福神巡りや足湯を楽しみ、旅館で寛ぎました。





正直な話、アイレムを除くEIZOグループの方々とは入社後の数週間の研修で一緒だっただけで、
それ以降10年間連絡すら取っていなかった状態なので、旅行中はよそよそしい感じのままで
終わってしまうのではないかと不安だったのですが、会って数分で打ち解けることができました。
同じEIZOグループの一員として10年の月日を社会の荒波に揉まれながら艱難辛苦を
乗り越えてきた企業戦士達にとっては、出会ってから別れるまでの月日が短くとも、
別れてからの年月が長くとも、仲間として、戦友として、10年来の知り合いのように笑顔で受け入れ、
記念を祝い、共に楽しむことは容易いと身を以て知れたことに只々感動するばかりです。

普段アイレムで働いているとEIZOという会社はそれほど身近に感じられず、あまり意識することはありません。
しかし、アイレムは世界を股に掛けるグローバル企業であるEIZOという会社の仲間なのです。
今回の記念旅行は自分がEIZOグループの一員であることを再認識する良い機会でした。
EIZOグループの一員、これを誇りに日々精進する所存です。

最後まで読んで戴き有難うございます。
今年も残り僅かですが、皆様の日常が喜びに満ち溢れ、実りの多い日々でありますように。

P.S.また10年後にでも会いましょう、魂はEIZOと共に。




IREMひみつ情報局

top